↑押してやってください
カテゴリ
全体
はじめに
人権擁護法案
中国関連
韓国関連
その他ニュース
雑記
以前の記事
とりあえず謝れよ、と
反日デモ 大使館破損補償 中国、関係修復に本腰「原状回復」で解決策探る:毎日新聞
中国当局が19日までに、反日デモで大きく損壊した北京の日本大使館の「原状回復」を日本側に申し出てきたことは、中国側が事実上の「補償」に本格的に着手した動きといえる。中国側が進める一連の日中関係修復への措置の具体的事例と位置づけることができる。
国側は17日の日中外相会談でも、補償を明言しなかったが、各国の大使館、国際機関が集まる外交公館区にある日本大使館の破損した窓は9日の投石騒ぎ後、ガラスが壊されたままの状態になっている。中国の国際イメージを損なった象徴でもあり、中国側は早急に修復したい意向を持っていた。
一方で、日本が要求する謝罪と賠償を拒否する姿勢を公式には続けている。謝罪を伴わないうえ、補償や賠償という表現ではなく、「原状回復」という言い回しで解決への道筋を選択したようだ。

なんとかして政府としての謝罪・補償を断固拒否という姿勢を貫き、地方機関にこっそりと「原状回復」させることで事態を収束させたいようです。やはり中国政府もいろいろ悩んでる様子ですね。地方機関が補償というコトすらも国民には絶対知らせないでしょうが。
なんかこれで日本政府もなぁなぁと終わらせてしまいそうなところがとっても心配なんですが・・・・個人的にこんなの突っぱねて、あくまでも政府としての謝罪と補償を要求するべきと思います。中国政府には国内の公館を保護する義務があるわけですから。

中国反日デモ:日本、ウィーン条約根拠に謝罪と賠償求める:毎日新聞
政府は、各国が国内の在外公館保護に「特別の責務」を負うと定めた同条約に照らし、投石などの行為を黙認した中国側の警備は条約に抵触すると判断。今後も謝罪と賠償を求め続ける方針だ。
ウィーン条約は1961年に発効し、中国を含む180カ国以上が批准。第22条で「侵入又は損壊」から在外公館を保護するため、当該国は「適当なすべての措置をとる特別の責務」を有すると定められている。

方針崩さないでね、お願いします。
ここで妥協してしまうと、中国のみならず韓国や北朝鮮にも「最近ちょっと変わったと思ったけど、やはり日本は脅せば折れる!」な印象を与えてしまいかねません。

ところで民主党の岡田さんは何がしたいんでしょうね?
中国大使に謝罪求める=民主・岡田代表:時事通信
民主党の岡田克也代表は19日昼、都内の中国大使公邸で、王毅駐日中国大使と会談した。岡田氏は、中国の反日デモについて「先人が築いた日中友好の努力が水泡に帰した。これを認めるわけにはいかない。何らかの言葉がなければ日本人は納得しない」と述べ、謝罪や補償を求めた。

岡田さん、こないだから首相が謝罪しないから悪いとか、中国擁護発言してたじゃないですか。どっかの国の大統領と同じく、バランサーのつもりかしら?
私には行く先々で言うこと変えて、人気取りしてるようにしか見えませんがヽ(*´ー`)ノ
岡田さんが党首になってから、民主党はダメダメになったと思ってますので。まあ元から自民党批判するだけで、独自の主張がない政党ですけど。
[PR]
by freya-rose | 2005-04-19 16:00 | 中国関連
<< 言論弾圧へ突き進む韓国 中国の情報統制事情 >>
トップ

不愉快な隣国をぼやくblog☆
by freya-rose