↑押してやってください
カテゴリ
全体
はじめに
人権擁護法案
中国関連
韓国関連
その他ニュース
雑記
以前の記事
言論弾圧へ突き進む韓国
先日は中国の情報統制について書きましたが、民主主義国家であるはずの韓国も言論弾圧路線を迷走中です。

韓国「サシミ、ワサビ抜き」 釜山の教授らが日本語排斥運動 「定着しててもダメ」
韓国センソンフェ(サシミ)協会会長も務め、地元で「サシミ博士」と呼ばれる釜慶大(釜山市)の趙永済(チヨヨンジエ)・水産学科教授は、地場焼酎メーカーの後援を受けて、日本語がよく使われる魚や料理の写真とともに、韓国語への置き換え例を紹介するポスター三千枚を作製。四月一日から、釜山市や慶尚道の海鮮料理店などに配布中だ。
「サシミ」「ワサビ」「スシ」などは国際的な言葉として定着しているが、趙教授は韓国の通信社・聯合ニュースに対し「わが民族の自尊心回復のため、この地だけは、これ以上、日本語のはんらんを放置できない」と述べ、新たに二種類のポスターを作製予定という。

そんな小さなことで失われる自尊心って、くだらなすぎ。

笑ってられないのも一つ。
親日財産還収法、成立は時間の問題:朝鮮日報
李完用(イ・ワニョン)、宋秉畯(ソン・ビョンジュン)など、親日反民族行為者とその子孫の財産を没収し、独立功労者とその子孫に与えるという「親日反民族行為者財産還収特別法」の成立可能性が高くなった。

親日派の人は、本人のみならずその子孫まで財産を没収されるんだそうな。ひいおじいちゃんが親日だったから、君んちの財産没収ね!と。めちゃくちゃですよね。もう変更できない過去のコトをネタに現在の人間を罰するんですよ。しかもこれ、記事読むとわかりますが、この法案の賛否を問う議論は事実上なかったらしい。つまり、祖先が親日だった人は罰を受けて当然だと思っているということですよね。

ほかにもこんなのもありましたね。
「日本の植民地支配」擁護行為への処罰法案を推進
とか
高麗大総学生会、「親日教授リスト」を今月末に公開へ
日本=悪!という論調の研究以外は認められないらしい。日本を擁護するような研究は糾弾され、闇に葬り去られるのです。(「親日派のための弁明」という本が韓国で発売禁止にされたのは有名ですね)

「親日」には人権がないということです。親日派は財産持つことも許されなければ、言論の自由・学問の自由も認められていない。韓国では反日しか許されないのです。私は「人権擁護法案」が事実上の言論弾圧法だということで反対していますが、韓国のこの法律はそれどころではないですよ。
時代に逆行して言論弾圧を強める韓国、恐ろしいですね。このままどこへ向かうのでしょうか。

ペ様に夢中で韓国ツアー行ってる人たち、韓国とはこういう国だということをよーーーーく自覚したほうがいいですよ。
[PR]
by freya-rose | 2005-04-20 01:06 | 韓国関連
<< 新法王決定 とりあえず謝れよ、と >>
トップ

不愉快な隣国をぼやくblog☆
by freya-rose