↑押してやってください
カテゴリ
全体
はじめに
人権擁護法案
中国関連
韓国関連
その他ニュース
雑記
以前の記事
小泉演説について各国の反応
日中会談は納得いかない内容でしたが、口直しに小泉演説に対する各国の反応を見てみましょう。
中韓については前回述べたし相変わらずな反応なので略。

日中首脳会談:アジア諸国中心に海外からも強い関心
◇シンガポール 小泉首相の謝罪を歓迎
 シンガポール外務省報道官は22日、「小泉首相が第二次大戦中に(日本に)侵略された国々に謝罪したことを歓迎する」との声明を発表した。その上で声明は「日本は歴史問題を克服することでアジアと世界で重要な役割を演じると信じている」と述べた。

◇台湾各紙 台湾問題の論議に注目
 小泉首相が22日に行ったアジア・アフリカ会議での日本の過去の侵略と植民地支配を謝罪した演説について、23日付の台湾各紙は1面トップで報じるとともに小泉首相と中国の胡錦濤国家主席の首脳会談にも強い関心を示した。

日中関係:危機もたらしたのは中国政府と批判 米紙
23日付の米紙ワシントン・ポストは社説で、日中関係悪化について「危機の原因をもたらしたのはほとんどすべて中国政府」と強調、「ナショナリズムを利用し日本を脅している」と中国の胡錦濤国家主席らの姿勢を厳しく批判した。
ポスト紙は「教科書問題を誇張して取り上げ、デモ参加者が日本大使館やレストランなどを襲うことを許したり、唆したりした」と指摘。その狙いは、日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りへの公正な意図を阻むことと、中国共産党による一党支配の維持にあると分析した。
日本については、小泉純一郎首相の「謝罪」など緊張緩和への努力に言及。教科書問題や民族主義的な動きの一方で、「(日本の)民主的政府は近隣諸国の脅威ではない。地域と世界の安全に貢献する意思を示している」と評価した。


ソース探せなかったのですが、演説後にインドネシアからも「驚きであり、深く感謝する」と言われてましたし、国連のアナンさんも肯定コメント出してました。(お金はいつくれるの?という催促つきでしたが。)英紙は「中国が望んでいた”謝罪”、広い心で受け入れろ」と書いてました。
演説が日本の好感度UPに繋がったのは確かだと言えるんじゃないでしょうか。
ただ各報道を読んで思ったんですが、日本が過去何度も謝罪してきた事実って、全然知られていなかったようですね。日本政府の広報活動の下手さを改めて感じました。

ワシントンポスト紙の記事が中国の反日問題の本質をしっかり見抜いていていい感じ。本当は日本国内からこういう論説が湧き上がるべきなんですけどね。
反政府ならともかく、国内に”反日”がいる不思議な国、日本・・・

中国の反日政策はすでに世界の知るところとなり、この件については完全に日本に追い風が吹いています。
何度も述べてますが、政府には国益や主権国家としての威信をかけて、言うべきことは言う外交を望みます。「やられっぱなし」日本に国民はもううんざりしてるのですから。

ところで空気読めてない中国人留学生や華僑たちが各国で反日デモやってるようですね。
中国政府は国内のデモは封じ込めたようですが、国外の方々も止めたほうがいいんじゃないですか?「日本謝ったのにまだやってんの?しつこいなぁ」と思われてしまいますよ。
[PR]
by freya-rose | 2005-04-25 00:57 | その他ニュース
<< JR脱線事故、お悔やみ申し上げます。 日中首脳会談が終わったわけですが >>
トップ

不愉快な隣国をぼやくblog☆
by freya-rose