↑押してやってください
カテゴリ
全体
はじめに
人権擁護法案
中国関連
韓国関連
その他ニュース
雑記
以前の記事
靖国神社について
中国の王毅駐日大使が気になる発言を。
靖国参拝:紳士協定明かし、首相に中止求める 王中国大使:毎日新聞
中国の王毅駐日大使は27日、自民党本部で講演し、中曽根康弘首相(当時)が靖国神社を公式参拝した85年以降、「日本の顔である首相、官房長官、外相の3人は参拝を遠慮するという君子(紳士)協定ができた」との認識を示した。そのうえで「日本国民が靖国神社に行くことには何も言わない。政治家が行っても政治問題にしない。首相、官房長官、外相の3人だけは(靖国神社参拝に)行かないでほしい」と述べ、小泉純一郎首相に参拝中止を求めた。
王大使は靖国神社参拝反対の中国政府の立場を説明する中で紳士協定の存在に言及。政府筋は「外務省は一時期、対中配慮で首相と外相は参拝しないでほしいと言っていたが、紳士協定とか暗黙の了解があったわけではない」と否定している。

ほんとにこんな紳士協定あったんでしょうか。外務省あたりが勝手にやってそうでいやだなぁ・・・拉致問題のときも"2週間で返す"とか仄めかしてたようだし。
まあ「配慮する」→「全面的に同意」に自動変換される中国の言うことだから、怪しいですけど。
本当にあったのなら、一番最初に持ち出してきて「約束が違う」と言うでしょうし。そういえばあったな、と最近思い出したとでも言うのでしょうか。

>日本国民が靖国神社に行くことには何も言わない。政治家が行っても政治問題にしない。
↑いつものことですが偉そうですね☆
言われるまでもなく、日本国民が参拝することに中国が文句言う権利はありません。「何も言わな」くてあたりまえなのです。いかにも"許してやってる"かのような言い方がとっても不愉快。
政治家についても同様に、個人の主義思想に対して外国の、しかも政府が非難するなんて筋違いも甚だしい。
しかしまあ、これが中国政府としての公式見解ならば、中国にしてはかなり譲歩してるつもりなのでしょうね。今までは靖国参拝=軍国主義の一点張りで、靖国神社の存在そのものを非難してたんですから。

中国は共産主義なので宗教を否定していますし、罪人は未来永劫罪人であり、死後も糾弾し続ける思想があります。死者に鞭打つという言葉がありますが、中国や朝鮮では罪人に対し、本当に墓を暴いて死体を冒涜する文化があるようです。これは日本人には理解できない思想です。逆に言えば、彼らにも「死をもって償う」という日本の思想は理解できないのだろうと思います。
でも、理解できないからといって、相手の思想を非難し、しかも命令して止めさせる理由にはなりません。個人対個人ならまだしも、他国の政府が公式に文句を言ってくるのは明らかな内政干渉です。

しかし、この発言で小泉首相の判断がまた難しくなりましたね。
毎年参拝すると公言している以上、今年参拝しなかったら中国に屈したことになるし、紳士協定なるものが存在したことも暗に認めることになりかねない。
そうすると、日本国内からは反発を食らい、中国は日本に言うことを聞かせた、と調子に乗る。
さて、小泉さん今年はどうするでしょうね。

個人的には、靖国神社は「国のために」と戦って亡くなった方々が眠る場所ですから、慰霊のために訪れるのは何の問題もないと思います。政府予算に玉串料を盛り込んで、公費で行っているのなら、違う意味で問題かもしれませんが、そうではないし。

毎年問題になる靖国神社ですが、当の日本人でも名前しかしらない人が多いんじゃないでしょうか。学校では絶対に教えてくれませんしね。
靖国神社ーWikipedia

靖国神社について、また戦犯について、肯定否定いろんな意見があります。
戦争美化がどうの、軍国主義がどうのでもめてる神社でしょ?という認識しかもっていない方はぜひ↓のリンク先を読んで欲しい。
靖国神社とは ~海軍特別攻撃隊員の遺書より~・・・アジアの真実
靖国神社で会いましょう ・・・特攻隊戦没者慰霊平和記念協会

存在の是非を問う以前に、「日本のために散って、靖国に還るのだ」と信じて亡くなっていった人たちがいる事実を、忘れてはいけないと思います。後世の私たちがどれだけ議論しようと、彼らの"想い"は靖国に眠っているんです。
[PR]
by freya-rose | 2005-04-27 23:47 | その他ニュース
<< 一足早くGWです。 町村外相応援キャンペーン >>
トップ

不愉快な隣国をぼやくblog☆
by freya-rose