↑押してやってください
カテゴリ
全体
はじめに
人権擁護法案
中国関連
韓国関連
その他ニュース
雑記
以前の記事
靖国・中国の反応
昨日はA級戦犯がどうのってえらそうに批判してたクセに、中国弱気です。
小泉首相批判を報じず 中国各紙:共同通信
18日付の中国共産党機関紙、人民日報は、中国外務省の孔泉報道局長による17日の定例会見を報じた記事の中で、靖国神社参拝継続の意向を示した小泉純一郎首相を孔報道局長が批判した部分を一切伝えなかった。他の主要紙も報道しなかった。
 中国は4月中旬以降、反日行動の抑え込みに方針を転換。首相発言についても事実関係を簡単に報じるにとどまっており、胡錦濤指導部が対日世論の悪化に過敏になっていることを示している。

中国がいつも述べてるように、靖国参拝が中国人民に苦痛を与えるから止めろ、ということならば、報道規制引くのは本末転倒です。人民のためにもどんどん報道して日本の"悪事"を糾弾すべきです。

中国にとっては靖国に行こうが行くまいが実はどうだっていいことで、ただ日本を脅迫する"道具"の一つに過ぎないんですよね。教科書も同じ。

阿南大使も言ってましたが。
阿南中国大使:参拝しなくても「中国は反対」常任理入りで:毎日新聞
阿南惟茂駐中国大使は18日午前の自民党外交関係合同部会で、日本の国連安保理常任理事国入りに対する中国の見解について説明し「中国は基本的には反対だ。小泉純一郎首相が靖国神社の参拝をしないなら中国が賛成に回るということもないと思う」と指摘した。

いろんな理由付けをしてますが、結局は"アジアで日本が国際的発言力を強めることが気に入らない"だけなんです。中国がアジアのリーダーでありたい、そのためには日本は永遠に"敗戦国"として下にいてもらわないと困るわけです。だから日本の"弱み"である歴史問題を盾にして批判してきたけど、その思惑はすでにいろんなところで見破られてて、通用しなくなってきてます。

今回も人民を煽ってデモやらせて日本に圧力かけるつもりが、逆に人民抑えないと自分たち(←共産党)にとって重圧になるようになってしまった、と。反日教育徹底しすぎたせいか予想以上に暴れちゃって中国の民度の低さを露呈する結果になってしまい、国際社会からも非難→せっかく煽った人民を逆に押さえ込まないといけなくなった。オリンピックも控え、"先進的で開かれた中国"イメージを守らないとヤバイですもんね。
昨日の孔報道局長の批判談話は「面子のために一応言っておかないと」といったところでしょうか。突然黙ったら"内政干渉するな"を受け入れたことになるし。
とりあえず、中国は困ってるんじゃないかと思います。下手に引くわけにもいかないしね。

小泉首相がそこまで深読みして淡々と靖国参拝をしてきたのか、単に中国の誤算が偶然日本有利に働いたのかは謎ですが。さて、こうなったら何が何でも8月15日に参拝しなきゃ!何日に行ったって文句は出るし、文句言われたところでただの内政干渉だから無視すればよし。
「内政干渉だ」と言い切ったからには堂々と行くよね?小泉さん。

あと、中韓が批判してるから靖国行くな、などというマヌケな主張をする民主党の方は、いつから他国の代弁者になったんでしょうね?首相を叩くためにはネタを選ばない方針なのかもしれませんが、ちょっとは冷静に状況分析するとか歴史勉強してから発言しないと、国民はどんどん離れていきますよ。
[PR]
by freya-rose | 2005-05-18 23:12 | 中国関連
<< スキン変更 A級A級ってさぁ >>
トップ

不愉快な隣国をぼやくblog☆
by freya-rose