↑押してやってください
カテゴリ
全体
はじめに
人権擁護法案
中国関連
韓国関連
その他ニュース
雑記
以前の記事
韓国密漁船を巡って
日本側報道。
韓国漁船、海上保安官2人乗せ逃走…2時間半後に保護
31日午後11時半ごろ、長崎県対馬市の北東約50キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、韓国漁船「シンプン」(10人乗り組み)など3隻が航行しているのを、対馬海上保安部の巡視艇「たつぐも」(小林太一船長ら10人乗り組み)が発見した。
 巡視艇が立ち入り検査のため近づくと、シ号が逃走したため、強行接舷し、海上保安官2人が乗り込んだ。しかし、シ号は2人を乗せたまま、さらに逃走。約2時間半後の1日午前1時50分ごろ、約15キロ先の韓国側のEEZ内で、日本側から連絡を受けて出動した韓国海洋警察庁の警備艦に捕捉された。
 乗り込んだ保安官2人は無事で、巡視艇に戻った。強行接舷の際、別の保安官1人が海中に転落したが、けがはなかった。
 第7管区海上保安本部(北九州市)によると、保安官2人が乗り込んだ際、シ号の船員は2人を羽交い締めにするなど、激しく抵抗したという。シ号の近くにいた残りの韓国漁船2隻の行方は不明。
 1日午後7時現在、現場海域で日韓の巡視艇や警備艦が停船。事件が日本のEEZ内で発生したため、海保側は「捜査権限は日本にある」として、漁業法違反(立ち入り検査忌避)容疑などでシ号の船員の身柄引き渡しを求めている。
 これに対し、韓国側は「こちらで捜査したい」と主張、協議が難航している。

まとめると、日本のEEZ内で怪しげな漁船を発見。
              ↓
検査しようとしたら逃走、海保職員二人が乗り込むと暴れて抵抗。
              ↓
韓国漁船は海保職員を乗せたままさらに逃走。
              ↓
韓国側EEZ内で韓国海洋警察庁の警備艦が漁船を捕捉。
              ↓
漁船船員の身柄引き渡しを巡り、現在海上でにらみ合い中。


韓国側報道だとこうなる。
韓国海警・日本巡視船、前代未聞の「海上対峙」
 韓国海警の警備艇3隻と日本海上保安庁所属の巡視船3隻が日本排他的経済水域(EEZ)内で不法操業した疑いがもたれている韓国の小型漁船を自国に連れて行こうと縄で縛ったまま、長時間対峙する前代未聞の事件が発生した。
 対峙している地点は蔚山(ウルサン)市・蔚州郡・カンジョル岬前の16マイル(28.8キロメートル)の海上。韓日間のEEZ境界水域から韓国EEZ方向に18マイル(32.4キロメートル)入ったところだ。
 韓国の領海ではなく公海上であるため、日本巡視船が入って来ても不法ではない。
 韓国海警は1日午前0時19分、統栄(トンヨン)船籍のウナギ漁の漁船「502シンプン号」(77トン)から「日本巡視船が拿捕しようとしている」という通報を受け出動し、午前2時頃、カンジョル岬前16マイルの海上で日本巡視船に追われていたシンプン号を発見した。
 海警は警備艇の右側にシンプン号を綱で縛り、日本巡視船の拿捕を阻止した。続いて、出動した警備艇2隻も綱で連結した。現場周辺にはまた、韓国海警の警備艇3隻と日本巡視船2隻が追加で到着し、状況を統制している。
 シンプン号を追ってきた日本巡視船3隻も韓国海警に対抗し、シンプン号の右側を縄で縛り引き止めたまま、午後5時現在、15時間以上も対峙している。
 日本側は「シンプン号が先月31日午後11時27分頃、日本EEZの3マイル地点まで侵犯し、不法操業した事実を確認したため、日本に拿捕し、取調べを行わなければならない」と主張した。
 しかし、シンプン号の船員たちは「日本EEZ内で不法操業をしていない」と否定している。
 これを受け、韓国海警は「シンプン号が日本海域で不法操業をしたという明白な証拠がない上、現在韓国側のEEZ内にいるだけに、韓国で法的処理する」とし、日本側に引き返すよう強く求めている。
 日本巡視船はこれに先立ち、先月31日午後11時35分頃、保安要員3人がシンプン号に飛び上がり、操舵室の窓を壊すなど、拿捕を試みたが、船員らの抵抗で失敗した。
 この過程でシンプン号船員のファン・ガプスン(38)さんが頭に打撲傷を負い、日本の保安要員1人が海に転落したが、日本巡視船が救助した

 一方、外交通商部はこの日、今回の事件と関連し、山本栄二・在韓日本大使館経済公使を外交部に呼び、海上対峙を解除するよう求めた。
 外交部当局者はこれに対する日本側の反応など接見内容について、「現在としては具体的に明らかにすることはできない」と述べた。

日本巡視船はこれに先立ち、先月31日午後11時35分頃、保安要員3人がシンプン号に飛び上がり、操舵室の窓を壊すなど、拿捕を試みたが、船員らの抵抗で失敗した。 この過程でシンプン号船員のファン・ガプスン(38)さんが頭に打撲傷を負い、日本の保安要員1人が海に転落したが、日本巡視船が救助した
↑故意にこういう書き方してるんだろうけど、まるで韓国漁船は何にもしてないのに日本の海保がいきなり襲ってきたみたいな書き方。これ、朝鮮日報の日本語版の記事ですが、韓国語で書かれている報道はこれよりもさらに"日本が何もしていない韓国漁船に暴行した"という論調になってます。

本当に船員が主張するようにEEZ侵入および密漁をしていないのならば、なぜ立ち入り検査を拒否して逃走したのか、しかも海保職員を乗せたまま逃げるなんて、よっぽど調べられたらマズイことがあったと考えるのが普通でしょう。

この海域は普段から韓国漁船による密漁が多発しているところで、密漁船は改造により漁船とは思えないほどのスピードで逃走する、海保巡視艇に体当たりして破壊するなど、韓国は"やりたいほうだい"やってるらしいです。(詳しくはこちら→★厳選!韓国情報★様)
狭い海域のため、韓国側EEZに逃げ込んでしまえば日本は追跡できなくなるのを利用し、とにかく逃げ切れば勝ち!状態。密漁は犯罪だという自覚がないのか、日本相手だから何やってもいいと思っているのか・・・・

これだけ悪質なのだから、海保ももう警告とか生ぬるいこと言ってないで、遠慮なく射撃してもいいんじゃないでしょうか。というか、これ相手が日本じゃなく他の"普通の国"ならば、この漁船は撃沈されても文句言えない状況です。"どうせ逃げても警告しかしてこない"と甘く見られているのは明らかだと思う。
[PR]
by freya-rose | 2005-06-01 22:38 | 韓国関連
<< 韓国密漁船・結末 もうなにがなんだか >>
トップ

不愉快な隣国をぼやくblog☆
by freya-rose