↑押してやってください
カテゴリ
全体
はじめに
人権擁護法案
中国関連
韓国関連
その他ニュース
雑記
以前の記事
2005年 04月 11日 ( 1 )
中国の反日"暴動"
お花見で春爛漫な週末を過ごしていたら、また中国が派手にやってくれましたね。

北京・深セン・広州など各地で大規模なデモ(暴動と言っていい気がするけど)があったようですが、発端となった北京のやつについて、ぺきん日記様が詳しく状況を記述されているのでご一読を。

中国反日デモ 町村外相「破壊活動」 外交日程見直しも
大使館にレンガやペットボトル・生卵・汚物(←民度の低さが現れてますね)等が投げつけられて被害が出ているのと、日本人留学生が日本人であることを確認された上で殴られて怪我をしたこと、警備に当たっていた機動隊が事実上暴動を黙認していたことなど、さすがに見過ごせない状況なので、町村さんが駐日大使に抗議。ところが謝罪の言葉はなく、中国に責任はない、日本こそ態度見直せと。まったく何様のつもりですかね。

ところで似たような論調がこんなとこに。
W杯予選 暴徒化 北「愛国心」に利用も:産経新聞
朝鮮サッカー協会は1日、平壌で会見、李煕淵・同協会書記長代行が発端を「主審による不正な判定」とするFIFAへの抗議声明を発表。「このような判定が今後も許されれば、試合がFIFAの競技規則に従って順調に行われないのはもちろん、選手たちが競技道徳に反する乱暴な行為を助長することになる」と警告した。
声明は北朝鮮の官製メディアも報道しており、北朝鮮当局の公式見解である。再発防止どころか、むしろ観客の暴徒化を正当化し、乱闘や暴動が再発する可能性すら、ちらつかせている。

↑さすが同じ独裁国家、やってることがそっくりですね☆

アジアカップの時の暴動と同じく、今回もデモ隊は20-30代の男性が中心。
つまり、江沢民主席による徹底的な反日教育を受けて育った世代、加えて、一人っ子政策により「小皇帝」と呼ばれて甘やかされている世代です。子供のころから「日本人は極悪」と叩き込まれているから、そりゃ「反日」をスローガンにしたら食いつきイイのは当然。また、欲しいものは何でも与えられてきた人たちですから、気に入らないことがあったら暴れてでも思い通りにという意識があるんじゃないでしょうか。

「反日の陰に中国政府」 英紙が社説で指摘
中国の反日デモ 「警察が了解」と米紙
↑ほら~。「政府主導ではない」とかいったってバレバレですよ。
中国に「民意」「自発的」なんてありえないというのは常識ですから。

自分の知識の確認のために、中国の反日構造をおさらい。

すでにいろんなところで指摘されているように、中国の反日暴動の影には共産体制への不満を逸らすガス抜きの意図があるのは明らかです。
現在、中国には役人の腐敗・環境汚染・労働災害・都市と農村における貧富の差の拡大などの国内問題が多くあり、それに対するデモも少なくありません (当局によって鎮圧&隠蔽されていますが)。また、インターネットの普及などにより完全な情報統制が難しくなっており、外の世界とのギャップに、特に若い世代は不満を感じているようです。
かつての天安門事件のように、若者が反政府運動を起こすのを恐れる中国政府は意図的に反日を掲げて政府への不満をごまかそうというわけ。

ただ、80年代からの徹底した反日教育で育った世代が運動の中心になってきたため、最近は「ガス抜き」以上の暴動に発展しがちです。
中国政府としては、本当にこれ以上日本との関係に亀裂が生じると経済的にも国際的にも打撃を受けるのでそれは避けたい。しかし、国を挙げて反日を煽ってきた手前、ヘタに暴動を規制するとその矛先が政府に向くことが予想されるため、容認姿勢を見せつつ日本に強気に出なきゃならない。
↓のように今、中国政府はなんとか自分に都合のいいように事態を治めようとがんばってます。

反日デモに中国主要メディア沈黙、日本人記者団排除も:読売新聞
北京や広東省など中国各地で9日から10日にかけて発生した大規模な反日抗議活動について、中国政府は、行動の拡大が統制の効かない事態に発展し、政府批判などに転じることを警戒しており、報道規制を続けると見られる。中国当局は10日、北京の日本大使館の被害状況取材に集まった日本人記者団や海外のメディアに対し、「安全確保」を理由に自由な取材を認めず、大使館側の許可を得て、施設に近付こうとする記者団を排除した。
2008年北京五輪を控える中国が、投石行為などで荒れ果てた大使館の惨状を海外に広く報道されることを恐れたのは明らかだ。
今回のデモの主体は若者を中心としたネット世代で、ネット掲示板やモバイルを通じ、瞬時に情報を共有、結集するのが特徴だ。中国政府は、既成メディアの報道は規制できるものの、「大きな影響を持つようになったネット世論に迅速に対応できる仕組みはない」(中国筋)と言われている。


昔は日本に文句を言ったら下手に出てくれたからよかったけど、最近はそうもいかなくなってきました。そりゃ、過去何度も謝罪を述べ、多額の援助を行っているにも関らず(日本が支払ってきた対中ODAは3兆円にも上る)、一切国民には知らせずに相変わらずの反日煽動。普通の日本人ならいいかげんうんざりしますよね。しかもこのODAで軍拡やって日本にミサイル向けてるんだから文句も言いたくなります。

問題の解決には中国が反日洗脳をやめるのが一番ですが、そうすると反政府暴動につながるだろうし、難しいでしょうね。
ともあれ、日本政府には今までの土下座外交ではなく、毅然とした態度をとってもらいたいです。
[PR]
by freya-rose | 2005-04-11 14:24 | 中国関連
トップ

不愉快な隣国をぼやくblog☆
by freya-rose