↑押してやってください
カテゴリ
全体
はじめに
人権擁護法案
中国関連
韓国関連
その他ニュース
雑記
以前の記事
2005年 04月 12日 ( 1 )
情報統制の恐ろしさ
「テロ行為」と批判=中国銀行BB弾事件-中国大使館:時事通信
中国の国有商業銀行「中国銀行」横浜支店が入居するビルに、遊戯用のBB弾とみられる金属球が撃ち込まれた事件で、在京の中国大使館は12日、「何者かに銃撃され、ビルで働いている中国側要員は身の危険を感じた。これは一種のテロ行為だ」とする報道官談話を発表した。

え?ネタ?ネタだよね?冗談うまいなぁ、もう。
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
これがテロなら中国の暴動はなんて言い表したらいいでしょうか?

さて、ちょっと長くなるけど引用。
対日知識欠く中国反日デモ 歴史問題 独裁の根拠 宣伝教育、染まる若者:産経新聞
九日の北京。デモ行進に途中から加わり、周囲の若者たちと会話を交わした。大学二年生という女性は「日本はなぜ侵略の歴史を反省せず、中国に謝罪も賠償もしないのか」と言い、同級生という男性は「わが国の領土である釣魚島(尖閣諸島)を奪おうとするのは許せない」と言った。
その他の若者を含め、「日本人は卑劣で狡猾(こうかつ)」「右翼の軍国主義者が政治を握る危険な国」というイメージを持ち、「国連安保理常任理事国になる資格はない」という。しかし基礎的な知識を欠き、現在の常任理事国を答えられたのは五人中一人だけだった。まして日本の国連分担金比率の高さや対中ODAを含めた国際支援活動への寄与を知る人はいないし、日本は核武装をしていると思っている人さえいた。日本の歴史問題への対応についても同じだった。
今年二月、在中国日本大使館が「日中関係重要文献集」というパンフレットを作製した。一九七二年の国交正常化以来の共同文書や日本の首相の発言に年表を付けたもので、中国国民向けの広報が目的だったが、中国政府機関からも要求があり、当初の五千部で足りず、計二万部を発行した。
これを読んだ若者たちはそろって、日本が共同声明以来、繰り返し過去の歴史に「反省」を表明してきたことを知り、驚くと大使館関係者は言う。共同声明で中国側が賠償請求権を放棄したことも、一般国民は知らないか、忘れている
評論家の劉暁波氏によると、現代中国の若者たちは、共産党の支持者は極めて少ない半面、共産党に逆らうこともないという。激しい受験競争の中で、若者たちは与えられた知識を丸暗記することに慣れ、党の情報管理はたやすくなった
中国にとって、対日歴史問題は、抗日戦での勝利をもって独裁政権の合法性を主張する根拠になっていて、被害を強調すればするほど根拠は強まる関係にある。日本軍による中国人死傷者数が二千万人から江沢民前政権下で三千五百万人に膨らんだのは一例だ。
こうした共産党の宣伝教育は若者たちに疑問なく受け入れられている。この点は八〇年代の社会の激変期に、民主化を求め、党の腐敗を批判する行動を繰り返し、天安門事件で散った若者との大きな違いだ。
今回の一連のデモは、政府の日本批判の立場をバックアップする性格を持つがゆえに、警察の介入を恐れることはなく、気軽に参加した人も多かった。中には担任教師から言われ参加した高校生もいた。

情報って大切ですよね。そして自分で考えるコトも大事ですよね。
教科書に文句言ってるこの人たち、「つくる会」の教科書を読んだこともなく、「侵略美化」「極右思想」という批判報道を見て騒いでるだけなんだろうな。
実際、侵略を美化なんかしてないし、そんな過激なことが書かれてるわけでもないんですよ、これ。

>若者たちは与えられた知識を丸暗記することに慣れ、党の情報管理はたやすくなった
でもこれは日本も笑ってられない状況ですよね。「テレビでいってたから」「○○にいわれたから」って自分で深く考えることをしない人が特に若い人に増えてますよね。
なんて偉そうに言ってる私も例外じゃなく流されてる一人かもしれないですが。
なーんにも考えず大勢に流されて行くのは楽だけど、それが高じて中国の現状があると考えると、やばいなぁと思います。

日本は情報戦略で非常に遅れてると言われてますが、ほんとその通りだと思います。
少なくとも中韓に対して、謝罪は何度も行っているし、条約で賠償の代わりに経済援助することで合意したんだということ、よって彼らの主張は言いがかりに過ぎないということ、をもっと声を大にして、世界に主張すべき。
極東のイザコザなんて興味ない欧米メディアは、中韓がこれだけ騒ぐんだから日本は謝罪してないんだろ、とか間違った認識してたりするんです。国際社会においては、それが本当に正しいのかどうかは別にして、より強く主張したほうが勝ちという部分が少なからずあるわけですから。
[PR]
by freya-rose | 2005-04-12 15:25 | 中国関連
トップ

不愉快な隣国をぼやくblog☆
by freya-rose