↑押してやってください
カテゴリ
全体
はじめに
人権擁護法案
中国関連
韓国関連
その他ニュース
雑記
以前の記事
<   2005年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧
ローマ法王葬儀/ダライ・ラマ来日中
ローマ法王に最後の別れ、史上最大規模の葬儀:読売新聞
冷戦終結に貢献し、今月2日に84歳の生涯を閉じたローマ法王ヨハネ・パウロ2世の葬儀が8日、バチカン市国内のサンピエトロ広場で行われた。
葬儀には、米国からブッシュ現大統領と父親のブッシュ元大統領、クリントン前大統領と3代の大統領が歴代大統領として初めて参加したほか、ブレア英首相、シュレーダー独首相、アサド・シリア大統領、ハタミ・イラン大統領、アナン国連事務総長ら世界の要人約200人が出席。約30万人の一般信徒も参列する史上最大規模の葬儀となった。広場に入れなかった信徒ら一般市民も含めると約200万人が葬儀に詰めかけた。

参列者の顔ぶれを見ても、いかに偉大な人だったかがわかります。
しかしなんで小泉行かないんだよ・・・・・。いくら日本がキリスト教国じゃないからってさぁ。これは首相が行くべきところでしょ。

ところで、今日からダライ・ラマ法王が来日されているのをご存知でしょうか。
ダライ・ラマ法王滞日スケジュールのお知らせ(ダライ・ラマ法王日本代表事務所サイトより)
各地で講演会が行われます。チケットは完売だとか。うちの近くでもあるらしいのに残念。
中国からの抗議や要請もあって、取材は自粛されているようですが。
日本でも情報統制が行われていることがわかりますね☆中国にそこまで気を使うコトないと思うんだけど!

チベットは私にとって、生きてるうちに一度は訪れたい国の一つです。しかし現在も中国による弾圧・チベット人虐殺が続いていて、チベット文化やチベット人は壊滅的な状態にあります。ダライ・ラマ法王はインドに亡命政府を樹立、13万のチベット人が世界各地に亡命しています。(詳しくはこちら→チベットを知るために

中国の行っている残虐行為ざっと挙げると
・中国共産党に反する意見はどんな些細なことでも即逮捕
・寺院等の徹底的な破壊、チベット仏教の弾圧、ダライ・ラマへの忠誠心も弾圧し共産党への愛国教育を強制
・チベット文化根絶のため、教育は中国語、チベット語は禁止
・刑務所や拘置所では、拷問が日常的に行われている
・民族浄化を進めるため、チベット人女性に不妊手術・避妊・中絶手続きを強要
・チベット人の人口を減らすため漢民族の移住を奨励、チベット人は職につくのも困難で、貧困に苦しんでいる
・子供にも容赦なく、18歳未満のチベット人の政治犯もいる
・拘留理由も明らかにされることなく強制収容され、そのまま失踪扱い
・中国政府により拉致されたパンチェン・ラマ11世(ダライ・ラマの次位の僧侶)は、現在も行方不明
・核廃棄物を投棄したことによる深刻な環境汚染


「チベット自治区」なんて名ばかり、自治のかけらも見当たりません。先日来日したリチャード・ギアがチベットにおける人権侵害を強く非難してましたが、本当に深刻な状態です。

連日日本のことを侵略美化だの歴史歪曲だの喚いている中国ですが、他国を批判する資格あるような国ではありません。日本批判するのは自国民にこの残虐行為をちゃんと教えてからにしてください。
中国はやはり共産独裁国、恐ろしいですね。このまま弾圧が続き「チベット」の痕跡すらも消されてしまう前に、一日も早く平和的な解決がなされるよう祈るばかりです。
[PR]
by freya-rose | 2005-04-08 23:58 | その他ニュース
教科書に関するお約束の反応
韓国が「竹島」記述削除を要求、駐韓大使呼び強く抗議
韓国外交通商省の李泰植(イ・テシク)次官は6日、高野紀元(としゆき)駐韓日本大使を呼び、文部科学省による中学教科書の検定結果に強く抗議するとともに、公民、地理の教科書のうち竹島(韓国名・独島)に関する記述の削除を要求した。
高野大使はこれに対し、竹島の記述に関して「政府が指示したものではなく、最終的な記述は各編集者にまかされている」と説明。歴史教科書の検定については「国が特定の歴史認識や歴史事実を確定するためのものではない」と強調した。

中国、教科書検定で「憤慨」を表明・日本大使に抗議
中国外務省の喬宗淮次官は5日、阿南惟茂駐中国日本大使を同省に呼び、日本の教科書検定問題について抗議した。次官は「侵略を否定し、美化する右翼の歴史教科書が含まれている」とし、「憤慨」を表明した。
これに対し、阿南大使は「日本の教科書は国定教科書ではなく、日本のように言論・出版の自由が完全に保障されている社会では、様々な思想に基づく教科書が一定の基準を満たせば出版される」と指摘した。

ほかにも挙げたらキリがないくらいっぱいあるけど割愛。
このあからさまな内政干渉、ほんといいかげんにしてもらいたいものです。
政府も「冷静に~」じゃなく、「内政干渉はやめてくれ」とはっきり言うべきじゃないでしょうか。先日、中国の反日教育に関してちょっと文句言ったら、大変遺憾だと憤慨されたじゃないですか。

大体、中韓両国とも自分の国の教育は棚に上げて、よくこんなことが言えるなぁと呆れるばかりです。過去のエントリでも述べましたが、これらの国の教科書は政府が指定する国定教科書のみで、自国に(現在の政府にと言うべきかも)都合のよいことのみを殊更に強調し、事実に反することも平気で記述してあり、逆に都合の悪いことに関しては一切触れていないのです。(日本の残虐さについて誇大表現を用いてしつこいくらい事細かに記述、しかし自国が他国に対して行った残虐行為、例えばベトナム戦争のこととかチベット弾圧のことなどについてはまったく教えていないんですよ。)上記二つの記事中の大使の言葉は、暗にそのことについて指摘しているものと思われます。日本の教科書は必要以上に中韓に配慮した自虐的内容となっています。それでも歪曲だというなら、彼らの国の教科書なんて「歴史」ですらなく、ただの日本叩き読本と言ってもいいくらいの内容ですよ・・・

そもそも歴史とは見る人の立場によって解釈が違って当たり前。中韓が自国民に対して「自国に都合のいい思想統一」をするのは勝手ですが、その思想を日本に対して強制するのはお門違いもいいとこ。
まあ、日本=極悪と教育してる手前、日本に抗議することは自国民に対するパフォーマンスでもあるんでしょうけどね。

それにしても、他国の教科書についてここまで熱くなれるなんて、ほかにすることないんですかね?
[PR]
by freya-rose | 2005-04-07 15:02 | 韓国関連
え?まだやってたの?
「対馬の日」条例を公布 韓国・馬山市長が決裁:共同通信
韓国南部の慶尚南道馬山市の黄☆坤市長は6日記者会見し、市議会が島根県議会の「竹島の日」制定に対抗して「対馬の日」条例を公布する書類を決裁したことを明らかにした。近く公報に掲載し正式発効する。

存在すらすっかり忘れてましたがまだやってたんですね。
ばからしくて嘲笑しかでないや。市長・市議がこんな低レベルなんて。
[PR]
by freya-rose | 2005-04-06 15:26 | 韓国関連
教科書検定の結果公表
中学教科書の検定結果公表、「発展的記述」が初登場:読売新聞
来春から使われる中学教科書の検定結果が5日、文部科学省から公表された。
学習指導要領の範囲を超えた「発展的記述」が中学では初めて登場。4年前の前回検定で削減された「イオン」(理科)や元素の「周期表」(同)、「不等式」(数学)などが相次いで復活した。子どもたちの学力低下に配慮し、基礎学力の定着を重視する傾向も強まっており、幅広い学力層に対応した教科書づくりが進んだ。
一方、「新しい歴史教科書をつくる会」(八木秀次会長)のメンバーが執筆し、扶桑社(本社・東京)が申請した「歴史」と「公民」の教科書も、それぞれ付された124件、75件の検定意見に従って修正が実施され、合格した。このうち「公民」では、「竹島」の記述に検定意見が付き、最終的に「わが国固有の領土」と明記のうえ、「韓国が不法占拠している」と修正された。こうした記述は他社の教科書にも見られ、島根県議会の「竹島の日」条例制定を巡って対日批判を強めている韓国の反発も予想される。

韓国の暴走っぷりが目に浮かぶようで楽しみです☆

全体的に「ゆとり教育」で削除された内容が復活、「つくる会」以外でも歴史の自虐的記述が微妙に減少、拉致事件を全社取り上げる、話題の竹島に関する記述を盛り込んだ、というのが特徴でしょうか。
「つくる会」教科書の中韓をものすごく刺激しそうな書き方は訂正されたようです。

教育関係者の端くれとしては、ゆとり教育は日本国民総バカ化計画だと思ってますので、復活はいいことだと思います。

さて、中韓はどんな反応を見せてくれるでしょうか。
[PR]
by freya-rose | 2005-04-05 17:23 | その他ニュース
中国の反日行動が激化
中国:常任理事国入りに反対、反日抗議が過熱 商店看板壊す--広東省・深セン:毎日新聞
中国広東省深セン市で3日、日本の国連安保理常任理事国入りに反対する民間団体が集会を開き、参加者が日系スーパーの看板などを壊す騒ぎに発展した。歴史教科書問題も絡み、中国各地で日本製品の不買や撤去の動きが出始めているが、一連の反日抗議行動の中では最大規模とみられる。
集会を主催したのは、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の中国領有を主張する「中国民間保釣(尖閣防衛)連合会」など5団体。市中心部で約2000人が集まり、日本の常任理事国入りに反対する署名活動を行った後、二手に分かれて市内をデモ行進した。
日系のスーパーなどが入るショッピングセンターに到着した約1000人の参加者は「日本製品ボイコット」などと叫び、一部の参加者は案内板や休憩コーナーのパラソルを壊した。武装した警官隊も出動し、「売国奴を打倒せよ」と気勢を上げる参加者とにらみ合う一幕もあった。デモに参加した20歳代の男性は「歴史を反省しない日本に、常任理事国になる資格はない」と話した。

中国政府さん、そろそろ「民意の暴走」止めたほうがいいんじゃないですか?
これ以上激化すると「民意」なんて言葉じゃごまかされない事態になりますよ。

基本的に中国では民衆によるデモ行動は禁止(当局の意に沿わないデモは決行される前に潰される)。しかし!日本大使館前等に限って政府が許可してるらしいです。中国政府は共産党独裁体制を正当化し、政府への不満を逸らすため、反日教育を徹底してきました。「反日行動」は一党独裁と情報統制によって抑圧されている民衆のガス抜きに利用されてるわけです。最近では「反日」が徹底しすぎて政府の手に負えないレベルに高まっている感がありますが。

中国には長い歴史と文化があるにも関らず、中国の歴史教科書では戦時下の日本がいかに残虐非道で、それに対し中国政府はいかに勇敢に抵抗したかということに膨大なページ数を割き、信憑性に乏しい証言や写真をふんだんに用いて記述しています。「日本は歴史を反省していない」って、反省すべきはどちらでしょう?日本のマスコミはそういう事実を放送すべきじゃないでしょうか。

さすがに駐日大使を呼びつけて抗議したようですが、謝罪の言葉はまったくなく、政府が煽動してるわけではないとクギ刺されてましたね。
あくまでも、「民意」ということにしたいらしい。

中国国連大使、日本の常任理入りに事実上の反対表明:読売新聞
国連安全保障理事会の今月の議長に就いた中国の王光亜・国連大使は4日、国連本部で会見し、焦点の安保理拡大について「加盟国による総意を得ることが必須だ」と述べ、日本の常任理事国入りに事実上の反対姿勢を示した。

堂々と日本を名指しせず、「事実上の」というところが抜け目ないですね。キッパリ「日本嫌いだから反対!」と言っちゃって、次の日に慌てて「日本特定で反対なわけじゃないよ?」と言い訳した韓国とは違いますね(笑 政府見解として公式に反対しちゃうと、国際社会での立場が微妙になっちゃうってのわかってる。

ところでおもしろかったのがこれ。
「日本留学手続きお断り」も=常任理入り問題、広がる反発-中国
↑中国からの留学生ってアレでしょ?
一部のほんとにまじめに勉強しにきてる優秀な人以外は、籍だけ置い学校行かずに働いてたりとか、ビザ切れてもそのまま居座ってたりとか、最近ますます増えてる犯罪集団に入ってたりとか、中国で作った偽札輸入係とか、そういうのが大半じゃないですか。
来なくていいよ、うん。

せっかくだから中国関連ってことでこれも。
外務省、中国に試掘権設定の可能性を伝達:読売新聞
外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長は4日、都内で程永華・駐日中国公使と会談し、中国が東シナ海で天然ガス田開発を進めている問題について「このままでは(日本の開発業者に)試掘権を設定せざるを得ない状況だ」と述べ、地下構造などのデータ提供と開発中止を改めて求めた。
程公使は「話し合いで解決したい」と述べるにとどまった。

散々日本の抗議や申し入れを無視しといて、今更話し合いでって言われても・・・
日本もさくっと掘っちゃいましょう☆
[PR]
by freya-rose | 2005-04-04 15:00 | 中国関連
ローマ法王が逝去
<ローマ法王>死去、84歳 激動の国際政治に深く関与
全世界10億7000万人以上のカトリック教会信者の頂点に立つローマ法王ヨハネ・パウロ2世(本名カロル・ボイチワ)が2日午後9時37分(日本時間3日午前4時37分)、ローマ法王庁(バチカン)で死去した。84歳だった。後任の新法王は「コンクラーベ」と呼ばれる、枢機卿会の選挙で選出される。

謹んで追悼の意を申し上げます。
カトリック信者ではありませんが、在任期間が長かった方なので、私にとってローマ法王といったらこの方でした。そういう意味で一つの時代の終わりを感じますね。国際政治に積極的に関わり、平和のために尽力された方でした。

安らかにお眠りくださるよう。
[PR]
by freya-rose | 2005-04-03 16:07 | その他ニュース
人権ってなんだ
人権擁護法案関連でweb巡回中、気になる記事を見つけた。
 産経新聞の記事で、東京都国立市立第二小の児童が卒業式で日の丸を 降ろすよう校長に集団で迫ったかのように報道されたとして、保護者3人から人権救済の申し立てを受け、調査した東京弁護士会は31日までに、産経新聞社に対し「記事は正確ではなく、児童の人権に十分配慮してほしい」と要望した。
 産経新聞は2000年4月5日付朝刊で、同年3月の卒業式を「児童30人、国旗降ろさせる」「校長に土下座要求」などの見出しで報道した。
 29日付の要望書は児童らが校長に(1)日の丸を降ろしてほしいと発言(2)掲揚の説明が事前になかったことの謝罪を要請(3)居合わせた1人が「土下座」という言葉を使用--は事実としたが「その場にいた約30人が一斉に土下座による謝罪を求めたとは認められない」と指摘。

(他にも毎年恒例の、教師が国歌斉唱時に起立しなくて処分、といったニュースもありました。長くなるので引用しません。)

小学生が、説明なく国旗掲揚したことに対して謝罪を要請?????はぁ?小学生がそんなどこぞの国みたいなコト言ってるの?と非常に不可解で調べてみました。
そしたらこんなサイトを発見。
教育を正す掲示板の中の児童及び教職員、保護者が校長に詰め寄ったときのやりとりをご参照ください。
ちなみに「国立市・教育」とかで検索するとわらわらと「教師側」のサイトがひっかかります。暇な方は↑と合わせて読んでみてください。

国立市というところは、左派教育が徹底しているらしく、戦後公立学校で国旗掲揚・国歌斉唱がまともに実施されたことがなく、学校で国歌を教えていないらしい。そういう市なので、2000年3月の卒業式で校長が国旗を揚げたら児童から謝罪と土下座を求められたと。ふーん・・「児童から」ねぇ?

こんなのどう好意的に考えたって教師が入れ知恵して子供の口から言わせてるとしか思えません。

教師側の主張では「児童の自主性・人権を踏みにじり国旗掲揚を強制した」ということですが・・・・・・・年端も行かない子供たちに国旗・国歌の意味を捻じ曲げて教え、国歌を習う機会を剥奪し、校長に謝罪と土下座を要求なんて某国みたいなことさせるのは、それこそ児童の人権を踏みにじる行為ではないでしょうか。
特に小学生のころなんて、「先生」は絶対的な存在です。教師の言うことが正しいか疑問を持つ児童なんかほとんどいません。そんな子供に自分の思想信条を前面に押し出した教育をするのはある意味「洗脳」だと思います。

日本の公立学校で日本の国旗・国歌に敬意を表するのは当然。また、公務員である以上、国や自治体の方針に従う義務があります。公立学校の教員には、国旗・国歌は敬意を表すべきものであることを教える義務があるのです。
日の丸君が代が嫌いなら、プライベートな範囲内で反対すればいい。職務の中で自分の思想を押し通すべきではありません。まして生徒に思想の押し付けなんて職権濫用も甚だしい。だいたいどうしても嫌だというなら、なぜ公務員なんかやってるんでしょう。
権利を行使するためには義務を果たさなければいけません。権利ばかりを主張していたら社会は成り立ちません。果たすべき義務を棚上げしているような教師が、人権を振りかざす。子供の手本となるべき教師の行動ではないですね。
「自分が嫌なら何を言われようと拒否していい、自分の主張を手段を選ばず押し通せ」という悪い見本にしか見えない。

個人的に
「学校に行きたくないから行かなくていい」「働きたくないから働かなくていい」「税金払いたくないから払わなくていい」
↑こういう社会問題は偏った「権利至上主義」の弊害だと思っています。

私は幸運にも極端な左派教師に出会ったことがなく、小中高と公立でしたが式典では普通に国旗掲揚・国歌斉唱が行われていました。日本だけではなく、世界中どこの国でも国旗・国歌は敬意を表す対象であり、式典時に掲げられるのは至極普通のことです。普通のことが普通に行えない国、おかしいと思いませんか。

ところでこの国立市の教員の多くは、自分の子供は私立学校に通わせているそうです。「国立市の教育を守ろう!」とかスローガン掲げて運動してるのにねぇ?自分たちの教育に自信があるなら、ぜひ自分の子にもそのすばらしい教育を受けさせるべきではないのですか?

こんな極端な偏向教育が行われてるところに生まれなくて本当によかった。。

*冒頭に載せた記事について、ご意見頂きましたので追記しておきます。
毎年出てくる「式典時の国旗国歌に反対して処分される教師」ネタと関連して取り上げたのですが、この「やりとり」は校長側の話のみを聞いて書かれたものらしく、誇張された表現が用いられているという情報がありました。
知識不足で引用してしまい申し訳ありません。
校長を問い詰めたとされる児童たちを非難する意図はありません。
[PR]
by freya-rose | 2005-04-02 15:44 | 人権擁護法案
相変わらずマスコミは取り上げませんが
申し立て乱発防止策検討へ 人権擁護法案で自民
 自民党の古賀誠元幹事長(与党人権問題懇話会座長)らは30日夕、同党内の反発で調整が難航している人権擁護法案の修正問題をめぐり党本部で協議した。
 関係者によると、同法制定で人権侵害の申し立てが乱発されることを防ぐ措置や、人権委員会から侵害があったと認定された場合の不服申し立て制度を新たに盛り込むかどうかについて検討していくことになった。
 自民党内からは人権侵害の調査などを行う「人権擁護委員」の選任基準に国籍条項を設けるよう求める声が出ているが、同条項に反対している公明党への配慮もあり、この日の会合では結論は出なかった。

そんな当然のことをいまさら「検討」するんだからいかに不備だらけの法案かわかりますね。
でもなによりも「人権擁護委員の強大すぎる権力」をなくさない限り、抜け道がいくらでもある危険な法律であることに変わりないと思います。

ところで娘通信様の記事がとってもわかりやすく、そして恐ろしい事例を紹介されていたのでぜひご参照を。
[PR]
by freya-rose | 2005-04-01 15:21 | 人権擁護法案
今日から新年度です
エイプリルフールということで・・・・・・・
いろんなブログ様がネタ記事をUPされてて、そのいくつかに騙されかけてしまいました。
みなさまの創造力と文章力に脱帽(笑

さて、今日は多くの企業で入社式が行われたようです。
私事ですがうちの弟も今日から社会人です。
新社会人なみなさん、適度に手抜きしてがんばってください。
こんなふうに職場からお茶しつつ更新するようなマネしちゃだめですよ・・・
[PR]
by freya-rose | 2005-04-01 14:08 | 雑記
トップ

不愉快な隣国をぼやくblog☆
by freya-rose